WEB開発

Webディレクターの仕事はつらい?楽しいだけでは続かない【真実】

Webディレクターとして成長したい人「Webディレクターの仕事ってつらいって聞くけど、実際のところはどうなんだろう?一体どんなところがつらいのかな?」

Webディレクターになりたい人や、Webディレクターとして成長したい人の中には、仕事の良くない部分を知りたいと思う人もいますよね。

どんな仕事にも、楽しい面とつらい面があると思います。

この記事では、そんなWebディレクターの仕事のつらい面を少しご紹介しておきたいと思います。

Webディレクターの仕事のつらいポイントは以下ですね。

Webディレクターの仕事のつらいところ

  • サイト運営のディレクションだけではWebディレクターとしてのスキルは身につかない
  • クライアントと制作者と会社とのコミュニケーション上の板挟みにあう

この他にも、大変な点というのはあると思いますけど、割と上記のポイントに集約されるのかなと、事実として思います。

今回は、『Webディレクターの仕事はつらい?楽しいだけでは続かない【真実】』と題してご紹介してまいります。

それでは、早速みていきましょう。

運用のみのWebディレクターは未来がなくて結局つらい

Webディレクターの仕事には、以下の案件の種類があります。

Webディレクターが抱える案件の種類

  1. 新規立ち上げやリニューアル案件
  2. 開発まで含めた大規模案件
  3. サイト運用の制作案件

Webディレクターとしてスキルが身についたり、経験になったりするのは、新規のサイト立ち上げや、開発案件だったりします。

やっぱり、0ベースでかなり難しい仕事ですからね。

一方で、運用系の仕事しか経験してこれていない人というのは、かなりスキルも限定的になってしまします。

例えばメルマガの配信ばかりの業務だったり。

これはこれで、ユーザーとの接点を作るのに大切な仕事ではありますが、Webディレクターとしての大きなキャリアアップには結びつきにくいですね。

現実問題として、Webサイトの運用案件以外の仕事ができない状態の人は、自力で色々と学びながらスキルアップをすると良いですね。

以下の記事でも、開発やUI/UX、マーケティングなどのスキルアップの方法をご紹介しています。

ぜひ、参考に見てみてください。

クライアント・製作者・会社の板挟みにあうWebディレクターのつらいところ

コミュニケーションの板挟みに合うというのは、Webディレクターさんにとっては避けては通れない道かもしれませんね。

クライアントからの厳しい要望、デザイナーさんなどの制作者とのコミュニケーション、会社の意向や工数、コストのマネジメントなど。

Webディレクターさんの仕事は、このような様々な関係者との間に入り、それぞれの調整をしなければいけません。

このように、モノづくりにおいて、人とのコミュニケーションや調整という仕事は非常に重要な仕事です。

働く際にはこの点はあまりイメージできなかったり、花形に感じなかったりするかもしれないですが、やってみるとかなり大変だという真実はお伝えしておきます。

この辺りは、Webディレクターのあるあるトラブル10選【リスクマネジメント】という記事でもかなり詳しくご紹介しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、『Webディレクターの仕事はつらい?楽しいだけでは続かない【真実】』と題してご紹介してまいりました。

少しの参考になればと思います。

それでは、今回はこの辺で。

関連記事