仮想通貨

仮想通貨からみるこれからのお金に対する価値観の変化

このところ、コインチェックのNEM流出事件以降、仮想通貨事業に対する報道が目立ってますね。

それだけ過渡期であるという事は間違いないと思います。

今回は、仮想通貨を通して、僕らのお金に対する変化について考えてみたいと思います。

仮想通貨に対する認識

ビットコインをはじめとした仮想通貨に対して、危険だという認識を持っている人たちも多いのではないでしょうか。

これは単純な発想ではありますが、まだ仮想通貨を持っていない人たちのほうが、割と危険だという認識を持ちそうですよね。

一方で、すでに持っている人の大半は、現時点ではない投機目的でしょうから、お金を稼ぐという手段の一つとして見ている人も多いかと思います。

では、この先の社会において、仮想通貨というものがどのように僕らの生活に関わってくるのでしょう。

仮想通貨を発行する理由

現在、さまざまな仮想通貨を発行している団体、組織が存在します。

彼らとしては、通貨を発行できる仕組みを利用して、自分たちの活動を応援してほしいという目的で仮想通貨を発行していますよね。

なので、その活動自体が支持されなければその通貨の価値は上がりません。

ですので、自分たちの存在価値を表す1つの指標としての役割を、仮想通貨はになっています。

多くの人がその通貨を欲しいと思えば、その通貨の価値は上がりますからね。

ちなみに、江戸時代には藩札というものもあって、各藩が発行するお札があったようですよ。

藩によって価値も違ったみたいですね。

経済を選択する

僕らは結婚相手を選択することができます。

また、仕事も選べます。

政党や政治家も一応は選ぶことができます。

法律的に有利な場所に住むことも、まぁ可能です。

ですが、経済は選択する事はできない。

経済活動自体は、基本的には法定通貨を基軸に行われているのが実態ですよね。

モノやサービスを提供したその対価として、日本円が支払われています。

その対価として支払う通貨の選択肢が、ビットコインをはじめとした仮想通貨で行うことが可能になりました。

GMOさんが、給料の一部を仮想通貨で支払うというようなニュースもありましたよね。

このようにして、対価に対する支払い方法の1つの手段として、仮想通貨は使われていくように変わっていきます。

お金に対する意識が変わる

これまでの日本において、経済活動の中心はモノやサービスに対しての経済活動がほとんどで、これはこれからも変わらないです。

わかりやすくいうと、衣食住に関係するビジネスがほとんどだと思います。

マズローの5段階欲求でいう、底辺部分のところですね。

  • 生理的欲求・・・水、食事、睡眠、などへの欲求
  • 安全の欲求・・・身の安全、雇用の安全、健康維持などへの欲求

これらを僕らは得るために経済活動をしてきているわけです。

ですが、最近ではモノが溢れて、モノを欲しくならなくなってきてもいます。

そうするともっと違うことに対してお金を使うというのが、今まさに起こっていることではないでしょうか。

  • 体験することにお金を使う
  • 他人を応援するためにお金を使う
  • それをすることが嬉しい

と、いうふうに、価値観そのものが変わってきているように感じます。

もっと言うと、お金を持つことやお金を稼ぐということ自体に、価値の重きを置かなくなっていくのではないかと思います。

トークンエコノミーとは

なぜお金に対する価値が小さくなるか、その理由の前に、トークンエコノミーについて触れておきたいと思います。

トークンエコノミーとは、「代替貨幣の経済」という意味です。

トークンが代替貨幣、エコノミーは経済ですね。

つまり、仮想通貨や法定通貨を代替にした貨幣を発行した全く別の経済圏ということが言えます。

この仕組みを利用することにより、今までなかなか価値がつけられなかった事や事象において、価値がつけられるようになったという事です。

このように個人がトークンを発行する時代がやってきています。

個人がお金を発行する時代がやってくる

僕も知りませんでしたが、個人がこのトークンを発行するサービスというのも出てきてますね。

自分の発行したトークンがビットコインなどの仮想通貨と代替できるような仕組みになってます。

ちょっとこれは試してみたいので、次の連休にでも調べてやってみたいとは思いますが。

このようにして、これまでは法定通貨でやっていたことを、個人が通貨を発行して、複数の経済と複数の経済圏で生活するようになると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

いつものようにまとまりと脈略がありませんが。

今まで縛られていたお金という存在が変わりつつあるのと、まだその変革期を迎えるにあたっては過渡期であることは間違いが無いと思います。

仮想通貨の過渡期が過ぎるくらいのタイミングで、個人の発行するトークンという考え方もぐっと浸透してくるのでは無いでしょうか。

10年後、15年後には今想像もつかないような社会が待っていますよね。

15年前にはスマートフォンというものも無かったし、アプリというものも無かった時代がありました。

このようなことは、まだまだこの先に起こっていく時代に突入したという事ですね。

仮想通貨の発展から生じるニューエコノミー社会を考察という記事でも、これからの社会に関して考えてみてますので、ご興味があればご覧ください。

あわせて読みたい
仮想通貨の発展から生じるニューエコノミー社会を考察仮想通貨を巡っては、しばらくまだいろんな規制やルールというのが出来上がってきたりするのでしょう。それは一つとして、これから先はもっと新しい方向へ発展していってほしいとも思います。今回はこれからの経済について考察をまとめてみました。...

すごく楽しみでもあり、しっかり継続して考えていこうと思います。

それでは、今回はこの辺で!