本の紹介

戦略思考を鍛えるおすすめの本20選!【戦略思考を鍛えるトレーニングの前に参考として読むと良い】

戦略思考を鍛えたい人「もっと戦略思考を鍛えるためにはどんなことをすると良いのかな?戦略について学べるおすすめの本があれば知りたいんだけど。」

今回のテーマは戦略。

この記事では、企業戦略の思考を鍛えたい経営者や社員の人向けに、おすすめの本をご紹介していきます。

戦略思考を鍛えるための方法としては以下です。

戦略思考を鍛えるポイント

  1. たくさんの戦略を知る
  2. たくさん考える

2つ目に関しては、以下の記事でもご紹介してるので参考にしてみてください。

今回は、「戦略思考を鍛えるおすすめの本10選【トレーニング前に読むと良い】」と題して、たくさんの戦略について学べたり、戦略と実行を身につけるおすすめ本をご紹介していきます。

それでは、おすすめ本・戦略思考編、早速みていきましょう!

戦略思考を鍛えるおすすめ本:実例が深く学べる

ここから、戦略思考を鍛えるおすすめ本についてご紹介して参ります。

ちなみに、こちらに取りあげる3冊でもほぼほぼ十分だと思ってますw

リアリティが持てると思いますので、読み物としてもとても楽しめるおすすめ本をご紹介します。

ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件

これは名著ですね。

優れたビジネスモデルがどのように構築されているかをかなり詳しく教えてくれている本です。

普通に考えたらやらないことを、あえてやることで競争力を作る。

逆説的な視点で競争戦略を作る例など、学びが多い一冊ですのでおすすめです。

読むの、大変ですけどね。

ランチェスター戦略「弱者逆転」の法則 新版

弱者の戦略は選択と集中。

そんなことを改めて教えてくれるおすすめの本です。

やっているとすぐ成果の出ることに手を広げてしまいがち。

まずは、一点集中型の戦略で基盤を作ることについて書かれてます。

特に、ブログなどを初めてやる人にとってはブログの戦略本としてもおすすめですね。

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

マーケティングと数字と確率について解説されている非常に面白かった本です。

起業家やマーケティングに関心の高い人にはおすすめです。

惜しみなくUSJでの事例を公表してるところがまたうまい戦略だなと思います。

この本持ってUSJに行きたいって思いますから。




マイケル・ポーターの競争戦略

この後にも紹介するマイケル・ポーター全面協力によるエッセンシャル版競争戦略論のおすすめ本です。

巻末にはマイケル・ポーターとのQ&Aを収録されてます。

近年の講演で頻出する経営者からの質問に教授本人が答えている部分もおすすめですよ。

競争しない競争戦略

こちらでは、リーダー企業が追随できない状態を作り、高い利益率をあげるにはどうすればよいのかといったかなり具体的な方法を実例を踏まえて教えてくれるおすすめ本です。

ニッチ戦略、不協和戦略、協調戦略の3つに分けて整理されています。

戦略の基本が学べて基礎が鍛えられるおすすめ本:企業向け

こちらからは、戦略の基本が学べるおすすめ本をご紹介していきます。

かなり前に出版されている本が多いです。

でもずっと使える基礎知識のインプットもできます。

また、戦略家としてのスタンスも学べる本を紹介していきます。

経営戦略の基本 この1冊ですべてわかる

入門者向けには1番おすすめしたい基礎が学べる本ですね。

図解も多く、基礎的なフレームワークの理解には1番の良書ですね。

企業参謀 戦略的思考とはなにか 新装版

日本を代表する大前研一さんの名著ですね。

何度読んでもモチベーションの上がるおすすめ本です。

こういう努力とアウトプットができると、企業の参謀になれますな。

競争戦略論 1・2

基本中の基本をしっかり理解するにはとてもおすすめの本です。

いまでは当たり前のようにフレームワークを使って考えたりします。

フレームワークの背景とかまでさかのぼって理解する事。

実は応用力を身につけるのに近道だったりします。

ランチェスター思考 競争戦略の基礎

こちらも有名なランチェスター思考、ランチェクスター戦略について書かれた本です。

企業、学校、病院、NPOなどの非営利組織、自治体などにおける戦い方を教えてくれます。

戦略はランチェスターの法則に大きく支配され、運用の優劣に左右されることを教えてくれる名著です。

戦略プロフェッショナル シェア逆転の企業変革ドラマ

こちらも有名な企業小説です。

新しい競争のルールを創出、市場シェアの大逆転など、36歳の変革リーダーの実話をもとにしたストーリーです。

改革プロセスを具体的に描いているので、いつ読んでも胸熱ですよ。

 

戦略思考を鍛えたあとの戦略実行に役立つおすすめ本

こちらからは、戦略思考と戦略実行のおすすめ本をご紹介していきます。

基礎や事例を理解してインプットしても、実行に落とせないと意味ないですよね。

ここでは戦略実行の段階でも役立つおすすめ本をご紹介していきます。

戦略「脳」を鍛える

ボストンコンサルティングの御館さんの名著ですね。

定石というキーワードが随所に出てきます。

まずは定石。

戦略思考を身につけるには必須ですね。

仮説思考 BCG流問題発見・解決の発想法

戦略の実行段階で必要な問題解決の思考方法について解説されているおすすめの本です。

計画と実行の間にある仮説を持つ大切さがわかる一冊ですね。

ゲーム理論の思考法

(こちら紙の本はもう出版されてないのかな?)

これは相手の動きや行動を予測する「先読み」の思考方法が学べるおすすめ本です。




経営戦略の思考法 日本企業に何が欠けているのか

こちらは、リソースベース、ポジショニング等々様々な考え方が入り乱れている経営戦略に対して、経営学の第一人者が切れ味鮮やかに戦略の地図を解説してくれているおすすめの本です。

組織の暴走、シナジーの崩壊などの問題点も浮き彫りにした経営戦略入門書でもありますね。

思考訓練にぜひ役立てて下さい。

利益思考

こちらは、経営戦略を下支えする利益構造に対する思考法です。

「良いもの」ではなく「売れるもの」をつくる技術と、自分と会社の価値を最大化する思考術が明快に書かれているおすすめ本です。

グロービスの人気教授が書かれた人気作品ですね。

 

古典から学べる戦略思考を鍛えるおすすめの本

歴史はとても学びが多いです。

僕の場合は単に好きなだけですけど。

その中でもやっぱり戦略を語る上では欠かせない一冊をご紹介します。

最高の戦略教科書 孫子

実は孫子って難しくないですかね?

色んな逆説的な考え方が戦略の本質をとらえているんですよね。

何度も読まないと本当の理解にはならないんじゃないかな。

それでもこの逆説に慣れると、一気に思考の幅が広がると思いますよ。

三国志

横山光輝の三国志は、まさに戦略・戦術を学ぶのにとてもうってつけの教科書だと思います。

特に、諸葛孔明が考える戦術など、常に2手3手先を読んだ采配についてはとても勉強になります。

ここまで裏をかいた心理戦を教えてくれる名作もないと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

坂の上の雲 一

こちらは文明開化の日本の戦争を描いた作品ですね。

ロシアのバルチック艦隊の撃退戦や二百三高地での戦いなど、戦略の妙が伺える司馬遼太郎作品の名作ですね。

司馬遼太郎作品は、司馬遼太郎作品でおすすめ小説ランキングベスト10を紹介します!という記事でもご紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみて下さい。

失敗の本質 日本軍の組織論的研究

戦略、戦術の両方が曖昧なまま消滅していった旧日本軍の失敗を題材にした名著ですね。

企業戦略、組織戦略などに関わる人には、必ず読んでおいてほしい一冊ですね。

こちらの書籍もAudibleに加入している人は無料で聴けます。

オーディオブックで「ながら勉強」をしたい人は、ぜひAudibleも登録してみてください。

Audibleの公式サイトはこちら

縮訳版 戦争論

アメリカ軍の戦略大学校でも、戦略論コースの普遍の定番となっているのが、クラウゼヴィッツ『戦争論』と『孫子』と言われています。

これまで難解きわまりない『戦争論』が本書の登場によって理解が格段に進むという声が多くみられる名著ですね。

スポンサーリンク



高いビジネス知識が動画で学べるおすすめサービス

やっぱり、これからはより高度なビジネス知識が必要とされます。

新しい経営戦略的な知識や新規事業の作り方、デジタルを含めたマーケティングやファイナンスなどの広い範囲での知識も身につけておくと役立ちます。

これらと思考力が組み合わさることで、より実践的な施策や議論というのも組み立てられるようになります。

ビジネス知識の場合は、GLOBIS学び放題も学びやすい動画サービスになっていますので、ぜひ活用してもらえると良いんじゃないでしょうか。

最新の経営全体のコンテンツ、知識・スキルがとても学びやすいサービスですよ。

関連リンク:GLOBIS学び放題(10日間無料トライアル)

Kindle Unlimitedで知識のインプットの量を増やす

Kindle Unlimitedなど、月額の利用料を支払えば数々の名著が読めるサービスが多いですね。

Kindle Unlimitedの場合、月額980円(税込)で、和書12万冊以上、また、洋書も120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になります。

ビジネス本から漫画、雑誌など、多岐に渡るジャンルの書籍が読めるようになります。

多読をしたり、気になっていた本などがどんどんKindle Unlimitedで読めるようにもなりますので、ぜひこちらも登録しておくことをおすすめします。

関連記事:Kindle Unlimited 無料体験に登録

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「戦略思考を鍛えるおすすめの本10選【トレーニング前に読むと良い】」と題してご紹介してまいりました。

ぜひ参考にしてみてください。

それでは、今回はこの辺で。

関連記事:思考力が高まるおすすめの本20選【結論は半年以上考え続けること】

関連記事:【思考力を鍛える方法】ノートを書く習慣から得られた5つのこと

関連記事:頭の回転を速くするノート術【7つのマスを使った思考訓練の方法】

関連記事