本の紹介

戦略思考を鍛えるおすすめの本10選【トレーニング前に読むと良い】

戦略思考を鍛えたい人「もっと戦略思考を鍛えるためにはどんなことをすると良いのかな?戦略について学べるおすすめの本があれば知りたいんだけど。」

この記事では、企業戦略の思考を鍛えたい経営者や社員の人向けに、おすすめの本をご紹介していきます。

戦略思考を鍛えるための方法としては以下です。

戦略思考を鍛えるポイント

  1. たくさんの戦略を知る
  2. たくさん考える

2つ目に関しては、以下の記事でもご紹介してるので参考にしてみてください。

関連記事:【思考力を鍛える方法】ノートを書く習慣から得られた5つのこと

今回は、「戦略思考を鍛えるおすすめの本10選【トレーニング前に読むと良い】」と題して、たくさんの戦略について学べたり、戦略と実行を身につけるおすすめ本をご紹介していきます。

実例が深く学べる戦略思考を鍛えるおすすめ本

こちらにあげる3冊でもほぼほぼ十分だと思ってますw

リアリティが持てると思いますので、読み物としてもとても楽しめるおすすめ本をご紹介します。

ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件

これは名著ですね。

優れたビジネスモデルがどのように構築されているかをかなり詳しく教えてくれている本です。

普通に考えたらやらないことを、あえてやることで競争力を作る。

逆説的な視点で競争戦略を作る例など、学びが多い一冊ですのでおすすめです。

読むの、大変ですけどね。

ランチェスター戦略「弱者逆転」の法則 新版

弱者の戦略は選択と集中。

そんなことを改めて教えてくれるおすすめの本です。

やっているとすぐ成果の出ることに手を広げてしまいがち。

まずは、一点集中型の戦略で基盤を作ることについて書かれてます。

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

マーケティングと数字と確率について解説されている非常に面白かった本です。

起業家やマーケティングに関心の高い人にはおすすめです。

惜しみなくUSJでの事例を公表してるところがまたうまい戦略だなと思います。

この本持ってUSJに行きたいって思いますから。

企業戦略の基本が学べて基礎が鍛えられるおすすめ本

かなり前に出版されている本が多いです。

でもずっと使える基礎知識のインプットもできます。

また、戦略家としてのスタンスも学べる本を紹介していきます。

経営戦略の基本 この1冊ですべてわかる

入門者向けには1番おすすめしたい基礎が学べる本ですね。

図解も多く、基礎的なフレームワークの理解には1番の良書ですね。

企業参謀 戦略的思考とはなにか 新装版

日本を代表する大前研一さんの名著ですね。

何度読んでもモチベーションの上がるおすすめ本です。

こういう努力とアウトプットができると、企業の参謀になれますな。

競争戦略論 1・2

基本中の基本をしっかり理解するにはとてもおすすめの本です。

いまでは当たり前のようにフレームワークを使って考えたりします。

フレームワークの背景とかまでさかのぼって理解する事。

実は応用力を身につけるのに近道だったりします。

戦略思考を鍛えたあとの戦略実行に役立つおすすめ本

基礎や事例を理解してインプットしても、実行に落とせないと意味ないですよね。

ここでは戦略実行の段階でも役立つおすすめ本をご紹介していきます。

戦略「脳」を鍛える

ボストンコンサルティングの御館さんの名著ですね。

定石というキーワードが随所に出てきます。

まずは定石。

戦略思考を身につけるには必須ですね。

仮説思考 BCG流問題発見・解決の発想法

戦略の実行段階で必要な問題解決の思考方法について解説されているおすすめの本です。

計画と実行の間にある仮説を持つ大切さがわかる一冊ですね。

ゲーム理論の思考法

(こちら紙の本はもう出版されてないのかな?)

これは相手の動きや行動を予測する「先読み」の思考方法が学べるおすすめ本です。

古典から学べる戦略思考を鍛えるおすすめの本

歴史はとても学びが多いです。

僕の場合は単に好きなだけですけど。

その中でもやっぱり戦略を語る上では欠かせない一冊をご紹介します。

最高の戦略教科書 孫子

実は孫子って難しくないですかね?

色んな逆説的な考え方が戦略の本質をとらえているんですよね。

何度も読まないと本当の理解にはならないんじゃないかな。

それでもこの逆説に慣れると、一気に思考の幅が広がると思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「戦略思考を鍛えるおすすめの本10選【トレーニング前に読むと良い】」と題してご紹介してまいりました。

ぜひ参考にしてみてください。

それでは、今回はこの辺で。

関連記事