本の紹介

プロジェクトマネジメントを学ぶおすすめの本15選【組織でも個人でも使えるプロジェクトマネジメントの教本】

プロジェクトマネジメントおすすめ本

プロジェクトマネジメントについて知りたい人「プロジェクトマネジメントって難しそうだなぁ。考え方とか理論的だし。イメージしながら学べるおすすめの本ってあるのかな?」

今回は、プロジェクトマネジメントのおすすめ本がテーマです。

プロジェクトマネジメントについて学びたいと思っている人もいますよね。

ただ、本屋さんとかで立ち読みしてみても、ちょっと難しそうに感じる人もいるかと思います。

そうなんですよね、プロジェクトマネジメントって、本当に難しい。

そして、かなりプレッシャーを感じる中で仕事を進めなければいけない物ですね。

この記事を読むことで、以下のことがわかるようになります。

この記事でわかること

  • プロジェクトマネジメントのイメージがしやすい本
  • 仕事でも個人でも活かせるプロジェクトマネジメントの本

仕事でディレクション業務や、プロジェクトを担当することもありますよね。

コンサルティングの業務もプロジェクトマネジメントの考え方が大切です。

また、フリーランスなど、個人で仕事をしている人で、自分の仕事をプロジェクト化する人もいると思います。

以前も、『仕事のマネジメントスキルを身につけるおすすめ本10選【レベル別】』と題してご紹介したことがありました。

今回は、『プロジェクトマネジメントを学ぶおすすめの本15選【組織でも個人でも使えるプロジェクトマネジメントの教本】』と題してご紹介してまいります。

ぜひ、参考にしてみてください。

それでは、さっそくみていきましょう!

あわせて読みたい
仕事のマネジメントスキルを身につけるおすすめ本10選【レベル別】この記事では、仕事のマネジメントのスキルに関して学べるおすすめの本をご紹介しています。ビジネスレベル、プロジェクトやチームレベル、個人レベルそれぞれのレベル感でスキルアップに役立つ本を紹介してますので、ぜひ参考にしてみて下さい。...

プロジェクトマネジメントのおすすめ本5選

プロジェクトマネジメントって、専門的な本は世の中にたくさんあります。

ただ、やっぱり本だけでは理解がしにくいのと、そもそもイメージが持てないということも多いです。

また、個人で何かしらプロジェクトを立ち上げるときも、うまく進める方法を知っておくと非常に役立ちますね。

今回は、以下の切り口でご紹介しています。

プロジェクトマネジメントを理解する上での切り口

  • 個人でも使えるプロジェクトマネジメント
  • 仕事で活用できるプロジェクトマネジメント

それでは、ひとつひとつみていきましょう。

プロジェクトマネジメント的生活のススメ

人生の出来事をひとつひとつプロジェクト化していくことを推奨している、面白い視点で書かれた本ですね。

これらを丁寧にイメージして読み解いていくと、実践的なプロジェクトマネジメントもすんなり理解できるようになりますね。

何かやりたかったことなどを、こちらの本を参考にプロジェクト化してみてはいかがでしょう?

実体験として取り組むと、毎日がワクワクして過ごせますよ。

いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書

プロジェクトマネジメントの一部として、大切な段取りについて解説されている本ですね。

人と一緒に何か仕事をする場合にも、この段取りに関しては非常に重要な要素となってきます。

数々のプロジェクトを抱えながらデザイナーとして活躍している水野さんのおすすめの一冊です。

ぜひ、読んでみてください。

SPRINT 最速仕事術

Googleなどのスタートアップが新規ビジネスを立ち上げる時のノウハウが詰まった一冊ですね。

かなりスピーディーにビジネスを立ち上げる進め方、マネジメントの手法が解説されています。

Web系やアプリ開発、新規事業などを始める人には、かなり参考になるおすすめの本ですよ。

マンガでわかるプロジェクトマネジメント

僕も好きなプロジェクトマネジメントについて丁寧に解説をしてくれている、おすすめの本です。

マンガと解説という構成ですので、イメージと理論の概要はこちらでつかめると思います。

PMBOKの基本をまず知りたいという人には、おすすめですね。

担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座

より仕事としてプロジェクトマネジメントに関わるのでしたら、こちらも押さえておくと良い本ですね。

たくさん項目もあって、2冊目くらいに読むのがちょうど良いです。

ただ、幅広く網羅的にも解説されていますので、一冊手元に置いて読み返すようにも使えます。

しっかり学びたい方にはおすすめですね。

スポンサーリンク



プロジェクトマネジメントの基本 この1冊ですべてわかる

このシリーズはプロジェクトマネジメント以外でも役立ちますよね。

こちらでは、「なぜプロジェクトにするのか」といった上位概念から、「どのような体制で実行するのか」のHowの部分、「プロジェクトマネジャーに求められるもの」といった役割やスタンス、そして、「プロジェクト成功の5つの要因」などのポイントについてわかり易く明記してくれています。

プロジェクトを具体的にどうプランニングし、実行していくのかなど、プロジェクトマネジメントに取り組む際に「現場でやること」がすべてわかるわかりやすいおすすめの一冊です。

これ以上やさしく書けないプロジェクトマネジメントのトリセツ

こちらもプロジェクトマネジメントの実践的なおすすめ本です。

この本の主張としては、プロジェクトマネジメントを「先読み技術」であると明記していますね。

いかに先読みして、手戻りが無いように手を打っていくかを想定しながら進めていくことを教えてくれます。

ツールとしてのWBSやガントチャート、PERT、リスクマネジメントなどのフレームワークを使うことで誰にでもきっちりと管理できるようになります。

外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント

コンサルティングを通じてプロジェクトマネジメントを実施していく人も多いですよね。

そんな外資系のコンサルティングにおけるプロジェクトマネジメントを教えてくれるおすすめ本です。

プロジェクトを成功させるためのポイントを時系列にまとめてくれていますね。

そして、プロジェクトの成功が「始まる前にすべて決まる」ということも教えてくれています。

世界一わかりやすいプロジェクトマネジメント第4版

これは基礎が学べる本としてもとても有名かもしれませんね。

世界中のプロジェクトマネジメントのプロが推薦する本格的入門書の決定版ですよ。

プロジェクトマネジメントの世界基準であるPMBOKに準拠した入門書です。

アマゾン「オールタイムベストビジネス書100」にも、よく選出されています。

予定通り進まないプロジェクトの進め方

プロジェクトマネジメントがどのような時に用いられるのかをまず教えてくれますね。

ルーティンではできない、新しいものを生み出す活動のすべてが「プロジェクト」と言えます。

編集工学的なアプローチから「プロジェクト」の本質に迫り、ルーティンではない、新しいものを作り上げる活動において陥りやすい問題点を洗い出してくれています。

スポンサーリンク



プロジェクトリーダーの教科書 外資系コンサルが教える難題を解決する12ステップ

こちらの本では、これからの時代に必要とされる「プロジェクトデザイン力」についてご紹介してくれています。

プロジェクトマネジメント力とは、自分の頭で考え、答えのない難問に取り組む手法です。

具体的には、問題解決力、仮説検証力、ビジネス思考(ロジカル・クリティカル・ラテラルシンキング)、交渉力、リーダーシップなどの横断的なスキルが、まさにプロジェクトマネジメント力です。

この総合力が問われる能力を体系立てて教えてくれるこちらの本も参考にしてみてください。

アート・オブ・プロジェクトマネジメント マイクロソフトで培われた実践手法 (Theory in practice)

こちらの書籍は、マイクロソフトで多くの巨大プロジェクトを成功へと導いてきた著者の豊富な経験とノウハウが凝縮された一冊ですね。

主にはシステム開発の現場で活用できるおすすめ本です。

本書では「ものごとを成し遂げるためには何を行う(あるいは行わない)べきか」という実用的な視点からプロジェクトを捉えて、ものごとを成し遂げるための考え方やヒントを、スケジュール、ビジョン、要求定義、仕様書、意思決定、コミュニケーション、トラブル対策、リーダーシップ、政治力学といったさまざまな角度から考察しています。

マネージャやチームリーダーだけでなく、プログラマ、テスターなど、プロジェクトに関与するすべての人におすすめですよ。

クリティカルチェーン なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?

「ザ・ゴール」で有名になったエリヤフ・ゴールドラット博士の3作目です。

人間の心理的特性を考慮し、制約条件の理論をプロジェクト・マネジメントに応用させています。

フォーマンスを飛躍的に改善させるツールとソリューションを提示した、こちらも学びの深いおすすめ本です。

人月の神話

こちらもとても有名な書籍ですね。

1975年の本ですが、本書籍で著者が述べている本質は、現代でも大きくは変わらず通用するものが非常に多いと思います。

ソフトウェア開発リーダやマネージャ向けのおすすめ本ですが、若手リーダやマネージャも,自分の悩みが独りだけの悩みではないと気づくと思います。

こちらの本は、1回読んで終わりではなく,何度かプロジェクトを回してみて、そんな中で繰り返し読むと良い書籍だと思います。

失敗の本質 日本軍の組織論的研究

旧日本軍の戦略と戦術が共に曖昧なまま消滅していった帝国陸海軍の重要な戦闘を題材に分析した名著です。

死地に赴いていった英霊達に対して、無責任な命令系統であったのでは無いかと考えさせられる事実を教えてくれますね。

常に状況に対して柔軟な対応をすることが必要と教えてくれるおすすめ本です。

 

スポンサーリンク



プロジェクトマネジメントの根幹にあるビジネスを学ぶサービス

高いビジネス知識が動画で学べるおすすめサービス

やっぱり、これからはより高度なビジネス知識が必要とされます。

新しい経営戦略的な知識や新規事業の作り方、デジタルを含めたマーケティングやファイナンスなどの広い範囲での知識も身につけておくと役立ちます。

これらと思考力が組み合わさることで、より実践的な施策や議論というのも組み立てられるようになります。

ビジネス知識の場合は、GLOBIS学び放題も学びやすい動画サービスになっていますので、ぜひ活用してもらえると良いんじゃないでしょうか。

最新の経営全体のコンテンツ、知識・スキルがとても学びやすいサービスですよ。

関連リンク:GLOBIS学び放題(10日間無料トライアル)

Kindle Unlimitedで知識のインプットの量を増やす

Kindle Unlimitedなど、月額の利用料を支払えば数々の名著が読めるサービスが多いですね。

Kindle Unlimitedの場合、月額980円(税込)で、和書12万冊以上、また、洋書も120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になります。

ビジネス本から漫画、雑誌など、多岐に渡るジャンルの書籍が読めるようになります。

多読をしたり、気になっていた本などがどんどんKindle Unlimitedで読めるようにもなりますので、ぜひこちらも登録しておくことをおすすめします。

関連記事:Kindle Unlimited 無料体験に登録

スポンサーリンク



まとめ

如何でしたでしょうか。

プロジェクトマネジメントの考え方は、かなり問題解決だったり、ロジカルシンキングなどの思考力も重要なポイントになってきます。

また、マネジメントについても基本的な知識は一定持っておかねばいけないと思います。

最後に関連するおすすめの記事もリンク集を作っておきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

今回は、『プロジェクトマネジメントを学ぶおすすめの本15選【組織でも個人でも使えるプロジェクトマネジメントの教本】』と題してご紹介してまいりました。

ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事