本の紹介

デジタルマーケティングのおすすめ本10選【基礎・実践・実務まで】

デジタルマーケティングのおすすめの本を知りたい人「デジタルマーケティングの知識を身に付けたいけど、どんな本を読めばいいんだろう?いきなり難しい本とかだとついていけないから、レベル毎に読んでいきたいんだけど、どんな本がおすすめなのかな?」

デジタルマーケティングの本って、2016年くらいからどんどん増えてきていますね。

かなり一般的な入門書から、高度な専門書までたくさんあります。

これまでデジタルマーケティングの領域に触れてこなかった人にとっては、以下のようにして勉強するのが一番です。

デジタルマーケティングの知識を身につけるステップ

  1. デジタルマーケティングの共通言語が理解できるまで基礎を積み上げる
  2. 実践に活かされる専門知識、チームマネジメントの手法をインプットする
  3. デジタルマーケティングに必要なテクニカル・スキルも磨き続ける

今回は、上記のステップに合わせてデジタルマーケティングのおすすめの本をご紹介していきます。

それでは早速みていきましょう!

デジタルマーケティングの基礎を抑えるおすすめの本

デジタルマーケティンを学ぶ「基礎固め」として、おすすめの本をご紹介してきます。

だいたいこちらで紹介する本をインプットしておけば、次のステップに進められますね。

沈黙のWebマーケティング

こちらの本は、このブログで何度もご紹介していますね。

入門者にとっては、非常に理解しやすい本ですよ。

なんせ、マンガ的な形でストーリー展開しますから。

もっとこういう本、あるといいのになぁ。

デジタルマーケティングの一部であるWebマーケティングですが、基本はここからで良いです。

Webマーケティング集中講義

沈黙のWebマーケティングを読んだら、次にこちらの本を読んでおくことをおすすめします。

ツールの紹介から、企業価値の最大化、ブランディング、SNS、調査などについて基礎的なところをまとめてくれています。

ざっと概要を使いみたい方には、ちょうど良い内容ですね。

こちらもデジタルマーケティングの基礎として、しっかり押さえておいてください。

デジタルマーケティングの教科書

Webマーケティングをまずは押さえ、こちらも押さえておくと、よりインプットが定着するなと思ってご紹介しておきます。

内容は重複するかもしれないですが、基礎を徹底するという点では、良いですね。

一般的なフレームワークと合わせて解説されているので、マーケティング初心者にもおすすめの本です。

デジタルマーケティングで実践に役立つおすすめ本

実践編としては、やっぱり数字を達成するための手法、考え方、KPIという点を押さえておくべきだと思います。

いきなり難易度は上がりますけど、興味のあるところから読まれると良いですね。

データ・ドリブン・マーケティング

アマゾンでも教本として使っていたと話題になっていた本ですね。

アマゾンは、超デジタルマーケティング集団ですからね。

特に、Webサイトで何か商品を売るビジネス、ECを運営しているなどの場合、この本に書かれている内容はスッと入りやすいのかなと思いますね。

内容はすごく濃密なので、実務経験がない初学者にはあまりおすすめはしません。

ハッキングマーケティング

うっかりタイトル買いしたんですが、すごく良書でしたw

「デジタルマーケティングチームをどうマネジメントしていくか。」について書かれていますね。

ですので、スタートアップの人達にとっては、とてもおすすめですよ。

…でも、タイトルから考えると、マネジメント方法よりも、マーケティング・アプローチが書かれてるって思いません?

いちばんやさしいグロースハックの教本

サービスを開発して、それをマーケットインしていくスタートアップにぜひ読んでほしい本ですね。

この本に書かれていることを一言で紹介すると、以下の通りです。

「プロダクトのクオリティーを圧倒的に高めろ」

デジタルマーケティングの一般的な手法も大事ですけど、プロダクトとの一貫性が大切だとわかる一冊です。

サービスの価値をあげないと、お客さんは次来てくれませんからね。

AD Technology

現在のデジタル広告の領域がどのような技術で展開されているかが理解できるという点で、非常におすすめです。

この辺りを押さえておくと、マーケティングオートメーション(MA)というアプローチ手法についても理解が深まりますんで、こちらをインプットしておくと良いですね。

今のデジタルマーケティングの中心的トレンドを抑えるには、良書です。

最高の結果を出すKPIマネジメント

デジタルマーケティングにおいてKPIのマネジメントが日常業務です。

その為の施策を考えるのですが、その前に適切なKPIを設定るす必要があります。

こちらの本は、KPIの基礎から事例、設定方法までを詳しく解説してくれています。

事例は多岐にわたって紹介されていますから、必ずしもデジタルマーケティングにおいて使えるわけではありませんが、マネジメントとして押さえておくべきポイントですよ。

デジタルマーケティングの実務で役立つでおすすめの本

デジタルマーケティングの担当としては、実務レベルでの業務スキルも身に付けておく必要がありますね。

多分、エクセルをよく使います。。。

少しですけど、役立った本のご紹介をしておきますね。

EXCELマーケティングリサーチ&データ分析

たぶん、今はまだほとんどの人がエクセルでデータ分析してますよね。

ただ、分析手法をエクセルの使い方と一緒に学べる本って少ないです。

個人的には、この辺りで感覚をつかんで、Pythonでデータ分析できるようになるのが最もおすすめパターンですね。

よろしければ、Udemyで始める機械学習とPythonおすすめ入門コースを参考にしてみてください。

「やりたいこと」からパッと引ける Google アナリティクス 分析・改善のすべてがわかる本

GoogleアナリティクスはWebマーケティングでは必須ツールですかね。

この辺りを日々見ながら分析する癖をつけておきましょう。

この本は特に詳しい使いかたを載せていますので、手元にあると良いですね。

プロのWebマーケターも辞書的に使ってますよ。

まとめ

如何でしたでしょうか。

今回は、「デジタルマーケティングのおすすめ本10選【基礎・実践・実務まで】」と題しましてご紹介してきました。

ぜひ、参考にしてもらえればと思います。

それでは、今回はこの辺で。

関連記事