本の紹介

ビジネスモデルの作り方を学ぶおすすめ本10選【本質は失敗の連続】

ビジネスモデルの作り方を知りたい人「ビジネスモデルって、どういうふうに作ればいいんだろう?マネタイズとか戦略とか価値とか考えることがたくさんありそう。ビジネスモデルの作り方がわかるおすすめの本ってどんなのがあるんだろう?」

ビジネスモデルって言葉は世の中でたくさん使われていますけど、実際に作り方を学んで実践している人って少ないですよね。

僕自身も、ビジネスモデルの作り方は色々と調べたことはありましたけど、実際に作って回していることってごくわずかです。

(※今も進めているものもあれば、構築途中でそのままにしてしまってるアプリのビジネスとかあったりしますね。いやー、よくないですねw)

それでも、いろいろな本を読み漁ってきて学びの深かった本もありますので、今回はそちらをご紹介していきます。

実際にやってみて思った結論としては、以下のように考えています。

ビジネスモデルの作り方を学ぶポイント

  • ビジネスを作るヒントになる考え方を身につける
  • ビジネスモデルの作り方を学習してプランを作る
  • ビジネスモデルのプランを実践する学習もする
  • 実践しても失敗することもたくさんある

いや、僕自身も、もっとたくさんビジネスモデルについて勉強したり、考えたりしたりしたいですね。

考え始めて、良いアイディアとか浮かぶと、本当にワクワクして、興奮しますしね。

友人や知人、ビジネスを実際にやっている人とも、こういう会話は盛り上がります。

そういうのを、ノートにまとめたり、皮算用したりするのも、結構楽しいですね。

この記事では、『ビジネスモデルの作り方を学ぶおすすめ本10選【本質は失敗の連続】』と題しまして、ビジネスモデルを作るのに参考になる、おすすめ本をご紹介していきます。

それでは、早速みていきましょう!

ビジネスモデルの作り方のヒントになるおすすめ本

どんなビジネスモデルが強いのか、どんな戦略でビジネスモデルを構築すれば良いかを学べるおすすめの本をご紹介していきます。

戦略から経営のマインドの両方の面で参考になりますので、よければみて見てください。

ストーリーとしての競争戦略

こちらは、名著ですね。

結構読むのは大変ですけど。

学術的な本というよりは、かなり実践的な内容がほとんどですので、経営戦略を実践に移す立場にいる人やこれから戦略を練る人にはおすすめです。

ただ、よく出来ているビジネスモデルって、やっぱなかなか真似できないなと改めて思わされます。

そこを目指さなきゃと目を覚まさせてくれる本ですね。

【新版】ランチェスター戦略 「弱者逆転」の法則

あれもこれもと手を広げたくなる人には、ぜひ読んでもらいたい1冊ですね。

こちらもビジネスモデルを考える際に、どこで勝負を仕掛けるのかを考える、戦略的な部分を支えてくれる本です。

ランチェスター戦略の基本的な戦略について、コンパクトにまとまっているところがおすすめです。

どこを尖らせて戦うかの、参考にしてもらえると良いかと。

起業は1冊のノートから始めなさい

こちらはビジネスを始める際の、経営者や事業者としてのマインドを育てるための本ですね。

起業ノートを1冊作って、そこに日々の自分のアイディアや起業に向けての準備を積み重ねていくことが書かれています。

1人でアイディアを練ったり、自身を振り返って成長記録をつけるのも、振り返りが出来ますから良いですよ。

僕も、また最近書き始めましたね。

やっぱ考える量っす。




ビジネスモデル・プランの作り方が学べるおすすめ本

ビジネスモデルをどのように作れば良いか、その作り方の基本を学べるおすすめの本をご紹介していきます。

わりと有名な本ばかりですから、すでに読まれていたら飛ばしてください。

起業の科学

あらゆる起業におけるフレームワークが集約されていますね。

教科書的にも読めますし、成功率などのデータもたくさん紹介されています。

図解も多く理解しやすいので、こちらはかなり良書ですよ。

データとしても、図として、めちゃくちゃインプットがしやすい。

ちょっとサイズが大きいのが難点かなw(気軽に電車とかで読めない…恥ずかしいから)。

ビジネスモデル思考法

読み物としても面白いですね。

ビジネスモデルの作り方や進め方を、ストーリー仕立てで擬似体験できるのはおすすめです。

仕組みを作る点についても、少しだけ登場するので、ビジネスモデルを維持する考え方も身につきますね。

ビジネスモデルの維持=仕組み化って、やっぱり難しいなぁ。

ビジネスモデルジェネレーション

こちらは鉄板中の鉄板です。

非常に有名な本ですよね。

この本からエッセンスを抜き取って書かれている本も多いですよね。

リーンスタートアップや起業の科学でも、取り上げられていますので、ビジネスモデルの考え方の基本中の基本となっている本ですよ。

マネタイズ戦略

テスラやディアゴスティーニなどの企業事例が豊富な、マネタイズに特化したおすすめ本です。

新しいビジネスモデルのマネタイズを考える際には、さまざまな事例を参考にアイディアが練れます。

いや、よく研究されているので、読んでおくと勉強にもなりますよ。

こういう本が、もっとあると良いのにな。




ビジネスモデルの実践的な作り方が学べるおすすめ本

ビジネスモデルをざっとプランニングした後は、実践フェーズに入りますよね。

その際にどのような事が待ち受けているのか、全体のプロセスを理解しておくのにおすすめの本をご紹介していきます。

ただ、実践している最中に、途中で頓挫することも、0ベースで見直すこともたくさんあります。

そういった時のためにも、下記でご紹介する本は有効的に活用できますので参考にしてみて下さい。

スタートアップ・マニュアル

こちらの本は、その名の通り「マニュアル本」としておすすめですね。

ビジネスモデルを構築した際に、実際に顧客の獲得やチャネル戦略、マネタイズ方法、グロースのポイントなどを詳しく解説されています。

今いるステージ毎に、本書を片手に実行すると参考になりますよ。

僕のこの本は、結構ボロボロになりつつあります(カバーが…w)。

ビジネス・クリエーション

マーケット規模からどのようにアプローチをして行くかを、わかりやすく解説してくれている本ですね。

こちらもスタートアップ・マニュアルと併用して参考にしてみると良いですね。

自分のタイプもどんなタイプなのか、そういうのを考えるセクションもありますので、チームを作るのにも参考になります。

あとは、ここに書かれているフローを1回まわせると、かなりすごいと思います。

Running Lean

リーンスタートアップの実践本として有名な良書です。

シンプルに、自分たちのプロダクトをどうマーケットフィットさせていけば良いかを、実践プロセスを通じて解説してくれているのがおすすめポイントです。

これもめちゃくちゃ読みました。

旅行中に何回も読みました。

読めば読むほど、ビジネス知識と考えの無さに気づかされる、面白い本です。




まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は『ビジネスモデルの作り方を学ぶおすすめ本10選【本質は失敗の連続】』と題しましてご紹介してまいりました。

ポイントは、やっぱり以下ですね。

ビジネスモデルの作り方を学ぶポイント

  • ビジネスを作るヒントになる考え方を身につける
  • ビジネスモデルの作り方を学習してプランを作る
  • ビジネスモデルのプランを実践する学習もする
  • 実践しても失敗することもたくさんある

ぜひ、参考にしてみて下さい。

ビジネスや起業に関するおすすめの本は、以下の記事でもご紹介しています。

ちょっと今回のビジネスモデルのと重複する本もあるんですけどね。

それだけ、僕がその本のファンってことなんですかね。

それでは、今回はこの辺で。

関連記事