働き方

フリーランスWebディレクターとして成功する人の特徴【真実です】

フリーランスのWebディレクターになりたい人「フリーランスのWebディレクターになりたいんだけど、どんな人が成功するのかな?上手くいっているフリーランスWebディレクターってどんな仕事の仕方をするんだろう?」

フリーランスとしてWebディレクターとして独立する人もここ数年で増えてきていますね。

Web系のお仕事って比較的フリーランスとして独立しやすいお仕事だと思います。

特に、Webサイト制作の進行管理や設計をするWebディレクターの人は、デザイナーさんやエンジニアさんとの繋がりがあれば、フリーランスとして独立しやすいですね。

そのような人たちが、フリーランスとして成功するにはどんなことをすれば良いでしょうか。

結論としては、以下が非常に重要なポイントだと考えています。

フリーランスのWebディレクターとして成功する人の特徴

  • 抽象化と具体化の思考力を持っている
  • クライアントビジネスにコミットをする
  • ビジネスパートナーとして行動をする

このような点がポイントでして、割と真実だと考えています。

ただ、ここに到るまではある程度の仕事の引き合いと経験が必ず必要です。

案件の受注や引き合いに関して紹介してくれるサービスに関しては、【フリーランスにおすすめ】案件探しで困らない専門エージェント3選という記事で紹介しています。

この仕事選びというのはフリーランスの成功には欠かせませんので、ぜひ経験を積む上でも積極的に活用してみることをおすすめします。

ぜひ読んでみてください。

 

今回は、『フリーランスWebディレクターとして成功する人の特徴【真実です】』と題してご紹介して参ります。

それでは、早速みていきましょう!

抽象化・具体化思考がフリーランスWebディレクターの成功には不可欠

フリーランスとして成功しているWebディレクターさん、あるいは優秀なWebディレクターと呼ばれている人には、「抽象化・具体化」思考がデキる人が多いです。

抽象化・具体化思考って聞いたことありませんか?

要するに、ミクロとマクロの目線を両方一緒に持つという思考方法です。

例えば、Webディレクターの場合、以下のような例があります。

Webディレクターの抽象化・具体化思考の例

  • クライアントのビジネスゴールと具体的な制作内容
  • WebサイトのコンセプトとWebサイトの詳細な要件
  • ビジネスのマイルストーンと具体的な制作の段取り

このようなことを、同時にセットで考えられる人が、フリーランスとしてもWebディレクターとしても長く成功していますね。

説明するまでもないかも知れませんが、Webディレクターとしての仕事は、「最終的にWebサイトを構築する」というモノづくりのお仕事です。

様々な物事を広い視点から詳細な視点まで、両方を瞬時に行き来するような思考方法を身につけていなければ、現実レベルでのモノづくりはできないですよね。

この点については、頭の回転を速める5つの「抽象化・具体化」思考トレーニングという記事でも解説しています。

よければ参考にしてみて下さい。

クライアントビジネスにコミットをするWebディレクターが成功する人の特徴

成功しているフリーランスのWebディレクターさんは、とにかく相手のビジネスに対して非常にコミットメントの高い人ですね。

ビジネスコミットするWebディレクターの考えること

  • どうすればクライアントのビジネスが成功するのか
  • そのためにはどんなWebサイトでなければいけないのか
  • ビジネスを加速させるためにはどんな情報がサイトに必要か

この辺りは、企業で働くWebディレクターも同様です。

ただ、特にフリーランスのWebディレクターの場合はさらにこの点に注力していますね。

フリーランス(個人)として関わるわけですから、クライアントのビジネスに一役買うような立ち位置でどんどんGiveをする人が、長く成功し続けています。

この点は、フリーランスとして仕事を獲得し続ける人の特徴【4つのステップ】という記事で、わかりやすく解説しています。

こちらもよければ読んでみて下さい。

成功するフリーランスWebディレクターはビジネスパートナーとして行動する

成功するフリーランスWebディレクターの人って、すごく相手のビジネスパートナーとしての立ち位置を確立しています。

少しビジネスコンサルタントに近いようなポジションですね。

この辺りは、先ほどのビジネスコミットをし続けた結果論にも近いです。

成功するフリーランスWebディレクターがとるパートナーシップの例

  • 何かあった時の相談がいつも舞い込んでくる
  • クライアントが困った時に適切な人材を紹介してあげる
  • 客観的な視点と相手にとっての良い選択を提示してあげる

ここまでに行き着くには、中長期的な時間と信頼の積み重ねが必要ですけどね。

ただ自分の利益を考えるだけではなく、相手にとって1番の成果が何かをいつも考えられるような「パートナーシップ」を発揮できる人

それが、長くフリーランスのWebディレクターとして成功する秘訣ですね。

これが一番難易度が高く、かつ出来ていない人も多いポイントです。

この点については、フリーランスとして働く不安から脱却する方法【スキル主義から脱却】という記事で、その理由について解説しています。

大切なポイントですので、ぜひ読んでみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、『フリーランスWebディレクターとして成功する人の特徴【真実です】』と題してご紹介して参りました。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

それでは、今回はこの辺で。

関連記事