本の紹介

【書評】パーソナル・マーケティング【再読したので感想まとめ】

どもども、Joeです@QolonyWL)。

本田直之さんの『パーソナル・マーケティング』という本を再読しました。

改めて読んでみると、けっこう内容も忘れてますね。

ただ、最近よく言われているようなインフルエンサー・ビジネスにおいて、かなり参考になることが書かれていたので、ここでもご紹介しておきたいと思います。

今回は、『【書評】パーソナル・マーケティング【再読したので感想まとめ】』と題してご紹介してまいります。

それでは、さっそくみていきましょう!

パーソナル・マーケティングの書評

パーソナル・マーケティングは、レバレッジコンサルティングの本田直之さんが書かれた本ですね。

本の内容としては、以下です。

パーソナル・マーケティングの内容

  • 自分の強みをはっきりさせる
  • 誰の役に立つのか徹底的に考える
  • 体系立てて組み立てる

以下で、個人的にピックアップした内容をご紹介していきます。

自分の強みをはっきりさせる

自分の強みをはっきりさせる方法に関しては、色々書かれていましたが、個人的に気になったのは以下です。

自分の強みをはっきりさせる

  • 自分の強みを相手目線で再構築する
  • プロモーションと売り込みは異なる
  • プロフィールにストーリー性を持たせる
  • モデルを決めて、その人と自分を比較してみる
  • 人に教えられることを持っている

この辺りを整理していくと、自分の強みをはっきりさせられるかなと思います。

誰の役に立つのか徹底的に考える

誰の役に立つかを徹底的に考える。

この辺りは、かなりマーケティングっぽい内容ですよね。

ポイントとしては、以下だとピックアップしました。

誰の役に立つのか徹底的に考える

  • その人や会社の強みは何かを考えてみる
  • その人や会社のマーケットはどこかを考えてみる
  • 時代のトレンドとどこがマッチしているかを考える
  • どこで差別化していくかを考える
  • ターゲットとするユーザーのニーズを徹底的に考える
  • 狭いマーケットで一番になる
  • 成功体験を100個書き出して、自分のマーケットを探す

成功体験を100個書き出すワークは、ちょっとさっそく取り掛かりたいですね。

体系立てて組み立てる

体系立てて組み立てるというのは、

「とにかく自分の強みと相手のニーズを整理し尽くして、どのように届けるかを徹底してやり直す。」

というふうに理解しました。

一番印象的だったのは、ドラッカー先生の本の執筆方法ですね。

ドラッカー先生の本の執筆プロセス

  • 大枠を考えて話す
  • ライターが原稿にする
  • 一通り読んで全部捨てる
  • 新しく構成を練り直して話す
  • ライターがまた原稿にする
  • 一通り読んで再度捨てる
  • 一から考えてまた話す

ドラッカー先生の本の制作へのこだわりと、あれだけの名作を生み続けたんですよね。

(真似できねぇ)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

読書ノートとして、まとめたものはInstagramにもあげてますので、興味があればみてください。

今回は、『【書評】パーソナル・マーケティング【再読したので感想まとめ】』と題してご紹介してまいりました。

SNSでのマーケティングに関しては、以下の記事でもご紹介しているので、よければ読んでみてください。

それでは、今回はこの辺で。

 

あわせて読みたい
【番外編】自分の活動を「定量化」したデータで振り返る意味についてこの記事では、定量化したデータを活用して、自分自身を振り返ることについて僕なりのやり方をご紹介しています。ブログやTwitter、Instagramなどのコンテンツを配信している記録を取ることについて紹介してますので、興味があれば読んでください。...
関連記事