WEB開発

WebディレクターがWebマーケティングのスキルを学ぶと良い理由

スキルアップに悩むWebディレクター「Webディレクターとしてもっとスキルアップしたいと思うんだけど、どんな方向性でスキルアップするといいのかな?みんなどんな事を学んだりしているんだろう?」

スキルアップしたいと考えるWebディレクターさんはたくさんいますよね。

システム系、UX/UI系もスキルアップの方向性として人気ですが、中でもおすすめなのはWebマーケティングです。

Webマーケティングがおすすめの理由は以下です。

WebディレクターがWebマーケティングを学ぶのが良い理由

  • 短期間で自分自身でも実践しやすいのはWebマーケティング
  • 数値の分析からサイト制作という一連の改善が繋がりやすい
  • Webマーケティング人材でサイト制作がわかる人が少ないのでチャンスが多い

ポイントとしては、上記のようなことが上げられます。

Webマーケティングの学習に関しては、『デジタルマーケティングを学ぶおすすめコンテンツと姿勢【本質です】』という記事でも詳しくご紹介しています。

市場価値を高めるチャンスですので、ぜひ見てみて下さい。

今回は、『WebディレクターがWebマーケティングのスキルを学ぶと良い理由』と題してご紹介して参ります。

それでは、早速みていきましょう!

Webディレクターが短期で習得しやすいWebマーケティング

Webディレクターが、短期的にみてスキルを習得するのでしたら、Webマーケティングが一番おすすめですね。

いわゆる、一般的なWebマーケティングの知識というのも身につけやすい環境も整ってきています。

例えば、以下のような環境ですね。

Webマーケティングを学ぶ環境

  • オンラインも含めてスクールでも学べるテーマになっている
  • 書籍も多く販売されていて、インプットがしやすい
  • 自分でもWebサイトを持っている人であれば、自分自身で試しながらWeb集客を実践できる

特にWebディレクターの場合、ある程度は自分でもサイト構築ができたりしますよね。

ですので、実践的にスキルを身につけようとした場合は、すぐに知識を活用できるサイトを使うことができます。

このようにして、学びの初速がつきやすいのは、Webマーケティングの領域であると理解してもらえるかと思います。

Webマーケティングを学ぶコンテンツについては、先ほどご紹介した『デジタルマーケティングを学ぶおすすめコンテンツと姿勢【本質です】』でもご紹介してますので、参考にしてみて下さい。

また、書籍なども『デジタルマーケティングのおすすめ本10選【基礎・実践・実務まで】』という記事でご紹介しています。

併せて見てみてください。

Webマーケティングの分析スキルはWebディレクターの武器になる

次に、実践的なWebマーケティングの学びとして、サイト改善に置いて数値的な分析力が身につくという点ですね。

例えば以下のようなポイントです。

Webディレクターが実践的にWebマーケティングを学ぶ方法

  • CV(コンバージョン)改善に対する数値分析とページの改善
  • サイト全体の数値分析からサイト構造の改善
  • SEOを考慮したサイト改善やコンテンツ企画の立案

このようなポイントですね。

Webマーケティングの分析力を強化することで、よりWebサイト全体の課題を改善できるWebディレクターとしてスキルアップすることができます。

また、定期的に数値を追いながら、少しずつサイトを改善することも可能ですよね。

Webマーケティング担当の中にWebディレクターは少なく市場価値は高い

最後に、Webマーケティングスキルを持ったWebディレクターの人材価値についてです。

企業でWebマーケティングを担当している人、または、広告代理店などでマーケティングをしている人の中には、WebディレクターのようにWeb制作について詳しい人というのは、思いのほか少ないです。

企業のECサイトを担当しているような人でも、主には広告が主な業務だったりして、制作は外部に委託しているという人がほとんどです。

制作とマーケティングの両方の知見に明るい人って、実はそんなに多くないんですよね。

一方で、世の中の流れとしては、このトレンドは変わりつつあります。

制作と広告という役割が分業ではなく、一貫して受け持つような流れも起こっていて、数年後にはそれが当たり前になると言われています。

例えば、以下のような流れです。

これからのWebマーケティング担当者の潮流

  • 集客とプロダクトの両方の責任を担うグロースハッカーという職種も出ている
  • 広告部門に制作担当者が人員配置される会社が出はじめている
  • ビジネスオーナー自身が、集客もプロダクトも両方を担当して改善する企業もある

このように、これまでのWebマーケティングの領域とWebディレクションの領域が境目なくプロジェクトが進んでいるケースも多くあります。

このような状況において、WebディレクターがWebマーケティングの知識を併せ持っているということが、市場価値を高める要因にもなっていますね。

このようなスキルを持った人の市場価値が上がりつつありますので、チャンスは広がっていますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、『WebディレクターがWebマーケティングのスキルを学ぶと良い理由』と題してご紹介して参りました。

また、Webディレクターとしてのスキルアップの方向性としては、システムやUI/UXなども市場ニーズは高まっています。

以下の記事でもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

それでは、今回はこの辺で。

関連記事