マネジメント

ビジネス・マネジメント・起業が学べるおすすめドラマと映画10選

ビジネスやマネジメントを学びたい人「ビジネスやマネジメントを学ぶのにおすすめのドラマや映画ってないかな?本とかもたくさんあるけど、楽しみながら見れるドラマとか映画で学べると嬉しいんだけどなぁ。」

ビジネスやマネジメントをドラマや映画で学びたい人もいますよね。

僕も、本などの読む時間が取れないときなどは、映画をみて学びとろうと思う時も多いです。

以前にも、マネジメントや起業などのおすすめの本をご紹介していますので、よければ参考にしてみてください。

関連記事

ビジネスやマネジメントにおいて、ドラマや映画を通じて思うことは以下の通りです。

ビジネスやマネジメントにおいて大切なこと

  • 困難なことがたくさんある
  • 成功した時の喜びは一瞬
  • 最後は自分自身の孤独との戦い

なんかネガティブなイメージを持たれてしまうかもしれないですけどw

映画などのメッセージにはこういう部分も含まれるなと思ってます。

とはいえ、それでも夢を追いかけるカッコいい姿が描かれてますから、気持ちも前に揺さぶられるんですけどね。

今回は、「ビジネス・マネジメント・起業が学べるおすすめドラマと映画10選」と題しまして、おすすめの動画コンテンツをご紹介してまいります。

それでは、早速みていきましょう!

ビジネスとマネジメントのおすすめドラマ(邦画)

日本のドラマは組織を描くことも多いですね。

たぶんそこに大きな課題があると言うメッセージなのかもしれません。

こちらでは、日本の組織マネジメントとビジネスがわかるおすすめのドラマをご紹介します。

ハゲタカ

これは、10年ほど前にブームになったドラマなんですけど。

企業買収をテーマにしたファンドビジネスの物語ですね。

企業の価値がどこにあるのか、実業のビジネスとは異なり、マネーゲームとしての企業買収を取り扱っているビジネスをテーマにしています。

多面的にビジネスを見るきっかけになるおすすめのドラマですね。

踊る大捜査線

こちらは組織マネジメントを疑似体験するには秀逸なドラマかなと思います。

こんな会社組織には、あまり勤めたくないですけどw

ただ、組織のしがらみやトップダウンのマネジメント、責任意識などを垣間見るには良く出来たドラマです。

半沢直樹

銀行の貸し付けやお金にまつわる組織の隠ぺいなど、こちらも悪だくみ満載のドラマですね。

主人公の突破力もハンパなく清々しいので、ストレス解消にもおすすめです。

リッチマン、プアウーマン

石原さとみさんがめちゃくちゃ可愛いくて、小栗旬さんがめちゃくちゃかっこいいのもさることながら、ベンチャー企業の一時代を観るのには楽しめるドラマですね。

組織内の内部分裂から再起を図るための実ビジネスへの向き合い方など、泥臭い面も描かれているのが良かったです。

ビジネスにおすすめの洋画

洋画の場合は主人公の成功や失敗、孤独のようなものが描かれている作品が多いですよね。

事実、これらを受け入れていかないと成功はできないんだと思います。

ここでは、おすすめの海外映画をご紹介していきます。

マネーボール

野球をビジネスとしての側面から見ることができるおすすめの映画です。

チーム作りにはお金がかかるという点、夢とお金を天秤にかける点など、普段見えていないスポーツビジネスの難しさが学べます。

人を巻き込んでその気にさせ、結果を導くなども勉強になった映画でした。

ザ・エージェント

こちらもスポーツビジネスの映画ですね。

天真爛漫なスポーツ選手と、その彼のスポーツ人生を成功に導くエージェントの物語です。

理想や夢を現実のビジネスの中で叶えることがテーマになっている、考えさせられる映画です。

ソーシャル・ネットワーク

Facebookの創業期を描いた人間ドラマです。

立ち上げ当初はアイディアを形にしたり盛り上がりを感じられるスタートアップも、どんどんお金と人間関係が変化していくところが描かれているドラマです。

どことなく、孤独との戦いを学ばせてもらえる映画ですね。

スティーブ・ジョブズ

Appleのカリスマ経営者の人生を描いている映画ですね。

何度となく困難に突き当たり、挫折も敗北も味わう姿が描かれています。

それでも前に進む姿と、その表と裏を表現されているおすすめの映画です。

ファンにはたまらないですね。

ウルフ・オブ・ウォールストリート

男子限定かな?w

単純にお金と女という欲望をよく描いてくれている映画です。

キャラクターとしても学ぶことは多いですね。

思考とコミュニケーションがここまで卓越されるとこんな感じになるのか?というのがよくわかります。

【番外編】マネジメントにおすすめのアニメ

戦争映画も、組織マネジメントが学べるのでおすすめです。

その中でも、番外編としてこちらの作品が特におすすめですので、一本だけご紹介しておきます。

機動戦士ガンダム 第08MS小隊

大手企業で働いている人にとっては、実感に違い感覚を持つシーンも多いのではないかなと思います。

大きな枠組みの中で、自らの意思とは異なる行動を取らなければならないジレンマが描かれていますね。

大きな組織のマネジメントを理解するには、絶対おすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「ビジネス・マネジメント・起業が学べるおすすめドラマと映画10選」と題しまして、ご紹介してまいりました。

ぜひ、参考にしてもらえたらと思います。

それでは、今回はこの辺で。

関連記事