マネジメント

プロジェクトマネジャーの仕事とコンピテンシー【転職チャンスあり】

プロジェクトマネジャーになりたい人「そろそろプロジェクトマネジャーのような仕事がしたいな。ずっと現場でやってきたけど、プロジェクトマネジャーになるにはどんな事ができれば良いんだろう?」

これまで現場で作業をやったり、ある一部分でリーダー的に動いてきた人は、やっぱり大きなプロジェクトを任されるプロジェクトマネジャーへとステップアップしたいですよね。

今回は、このような方を対象に、プロジェクトマネジャーの仕事や、プロジェクトマネジャーになるためのスキルアップについてまとめていきます。

この記事を読むと、以下のことが分かるようになります。

  • プロジェクトマネジャーの仕事の範囲
  • プロジェクトマネジャーに必要なコンピテンシー
  • プロジェクトマネジャーに転職出来るエージェント

それでは早速みていきましょう!

プロジェクトマネジャーの仕事の範囲

プロジェクトマネジャーの仕事の範囲って、かなり多いですよね。

ちょっと思いつく限り洗い出してみましょうか。

  • プロジェクトの方針立案
  • プロジェクト戦略の策定
  • マーケティング戦略の策定
  • プロジェクトに関わるメンバーやパートナー企業の選定
  • 交渉
  • コストマネジメント
  • 課題管理
  • 課題に対するソリューション立案
  • メンバーやパートナー企業との関係構築
  • 部下育成、評価、目標管理

ざっくりなので仕方ありませんが、大きな枠組みとしてはこんな感じですね。

これらの他にも、プロジェクトの要件を固めたり、機能を洗い出して設計するという仕事もあるかも知れないですね。

プロジェクトマネジャーといっても、その業務の範囲は会社によってもプロジェクトの性質によっても仕事の内容って変わってきますからね。

例えば、規模の大きな企業のプロジェクトマネジャーでも、多少は業務の範囲も限定されていたりもするかも知れません。

反対に小さな会社だと、なんでも率先してやっていかないといけないですよね(そりゃプロジェクトマネジャー以外でもそうか…)。

それでは、プロジェクトマネジャーに求められる能力って、どんな能力があるかをみていきましょう。

プロジェクトマネジャーに必要なコンピテンシー

プロジェクトマネジャーの仕事の範囲って、とても広いと伝えましたが、それを実行するにはどんな能力が必要か、みていきましょう。

これは単に持論ではありますが、プロジェクトマネジャーの仕事で必要となる能力は、経営管理能力に近いと思っています。

先程の仕事の範囲を見ても、ほとんど経営と同じような事をしてませんか?

例えると、期間がある程度決まっている経営の立ち上げだったり、運営だったり、そのようなイメージに近いと思いますよ。

ですので、プロジェクトマネジャーになるのであれば、経営者になるのと同じくらいのモチベーションだったり、成功させたいという思い、利益管理に対する姿勢など、マインドセットとして持たれていくと良いですね。

知識面では、各プロジェクトの専門性に依存します。

ただ、能力においては一般的なマネジメント能力と共通する部分も多いですね。

いわゆる、コンピテンシーと呼ばれている能力要件です。

コンピテンシーは、以外です。

  1. 主体性
  2. 持続力
  3. 自律性
  4. 変革的志向性
  5. 創造意欲
  6. 顧客志向
  7. 柔軟性
  8. 感受性
  9. 影響力
  10. 説得力
  11. 表現力
  12. 人材活用力
  13. 情報把握力
  14. 分析力
  15. 判断力
  16. 決断力
  17. 組織力構成力
  18. コントロール

この辺りは、【完全版】マネジャーに求められる18個の能力を徹底解説【1万字】でより詳しくご紹介していますので、参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
【完全版】マネジャーに求められる18個の能力を徹底解説【1万字】マネジャーに求められるマネジメントの能力について徹底解説をしています。マネジャーとして成果を出そうとした際に、マネジャーに求められる能力がどのようなものかを知っているだけで出せる結果というのも変わってきます。そんな一助になれば嬉しいです。...

プロジェクトマネジャーになるためのトレーニング方法

プロジェクトマネジャーの仕事は常に考えながら、人を巻き込んで、人を動かしてプロジェクトを推進していきますよね。

そのために必要なのが、以下です。

  • 常に考え続ける姿勢
  • 人を動かすコミュニケーション

常に考え続けるというのは、プロジェクトを推進していくにあたり、大なり小なりいつも問題が発生します。

この問題をひとつひとつ丁寧にクリアしていく事がプロジェクトマネジャーのメインのお仕事になってきます(すごいですよね)。

ですので、これからプロジェクトマネジャーになるには、この考え続けるという習慣も身につけておくと良いですよ。

考え続ける思考トレーニングについては【決定版】思考力を高める効果的なトレーニング方法3選【ノート術】でいくつかパターンをご紹介していますから、こちらをご覧ください。

あわせて読みたい
【決定版】思考力を高める効果的なトレーニング方法3選【ノート術】この記事では、思考力と高める効果的なトレーニング方法についてご紹介していきます。過去にも何度か思考トレーニング方法についてまとめてきましたが、今回はその中でも実践しやすいトレーンぐの紹介をしています。考えることが苦手な方はぜひ取り組んでみてください。...

また、考えたあとは、それを人を巻き込んで動かしていく必要もありますよね。

この時に大切なのはコミュニケーション戦略です。

どうやってこの人を説得しようか。
どうすればこの人はモチベーションを高く持ってやってくれるか。

など、コミュニケーションの戦略とそのスキルを発揮できると、スムーズに課題も解決されていきます。

コミュニケーション戦略については心理学で人を動かす!超カンタンなコミュニケーションの方法という記事で具体的なスキルを紹介しています。

あわせて読みたい
心理学で人を動かす!超カンタンなコミュニケーションの方法心理学をベースに人を動かすコミュニケーションの方法についてこの記事ではノウハウをまとめています。人のタイプの見極め方から、タイプに応じたアプローチ方法など、適切なコミュニケーションが取れる方法と参考となる書籍についてもご紹介していきます。...

プロジェクトマネジャーになるおすすめ転職エージェント

実際にプロジェクトマネジャーの仕事って、世の中にどれくらいあるのかを少し調べてみました。

googleで検索すると、やっぱり求人サイトの求人が多く出てきますね。

年収がざっと800万〜1300万。

…高!Σ(゚д゚;) 

・・・そりゃほとんど経営に近い仕事ですもんね。

それくらいの報酬が得られるのもわからなくはありませんね。

でも、これからプロジェクトマネジャーになろうという人に対しても、スキルや経験次第ではその仕事に付けるチャンスも多いと思います。

この辺りは、転職エージェントのコンサルタントと相談しながら、自分にあった求人に応募してみると、キャリアアップのチャンスというのも広がります。

以下では、プロジェクトマネジャーの案件を扱っている転職エージェントをご紹介していきます。

✔︎ビズリーチ

ビズリーチさんはここ数年でかなり認知の広がった高額案件を取り扱っているハイクラス専門の転職エージェントさんですね。

かなり案件数も伸ばしてきていますし、企業からの直接のメッセージというのもとても頻繁にもらえます。

Web系のプロジェクトからプラント系のプロジェクトまで幅広いプロジェクトマネジャーを扱っています。

じっくり企業を選んで就職したいという方は、ビズリーチで仕事を探してみると良いと思います。

ただ、デメリットなのは、求人者側もいくらかコストを払わないといけない点ですね。

それだけの余裕あるいは本気度が無ければ活用しにくいエージェントさんでもありますので、じっくり検討してみる必要もあります。

ビズリーチの登録はこちら ≫

 

✔︎キャリアカーバー

キャリアカーバーさんは、リクルートが運営しているハイクラスの転職エージェントですね。

こちらも、実績として自動車メーカーからWeb系の企業まで実績が多い転職エージェントです。

コンサルティングファームの案件も実績紹介としても語られていて、プロジェクト全体をマネジメントしていくようなポジションの求人が多いです。

こちらも登録してみながら、案件を探してみると良いですね。

キャリアカーバーさんの登録は無料ですので、この辺りから初めてみると良いかも知れません。

【無料】キャリアカーバーの登録はこちら ≫

 

✔︎DODA

DODAさんは一般的な転職エージェントですが、高額案件も中には取り扱われています。

求人案件も割と幅が広いため、自分のスキルや条件面にあった求人案件が探しやすいと思います。

ただDODAの場合はキャリアコンサルタントが自分の意向を押し込んでくる場合もあったりしますので、自分の意思をハッキリさせて、その通りの案件を選んで転職活動をした方が良いですね。

そうでないコンサルタントさんへ変えてもらうという事もできると思いますので、遠慮なく言っちゃっても良いですよ。

それ以外は、対応も良かったり案件数もかなり豊富なので、使いやすい転職エージェントさんです。

【無料】DODAへの登録はこちら ≫

 

以上、3つのエージェントをご紹介しましたが、以上の点を考えても、ビズリーチキャリアカーバーDODAの3つは登録しておいてみると良いですよ。

複数のエージェントで自分のあった求人を探すというのが、転職エージェントを活用する際の定石ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

プロジェクトマネジャーとして活躍されるのは、かなり難易度も高く求められる事も非常に多く大変なポジションです。

ただ、非常に見返りの大きいポジションですし、そのポジションに携わることの出来る人というのもごく限られた人だけになってきます。

今はかなりそのポジションへの扉が開かれている時期でもありますから、ぜひチャレンジしてみては如何でしょうか。

(僕のプロジェクトでもPM募集してますw)

ここまでをまとめると以下のようになります。

  • プロジェクトマネジャーの仕事の範囲をイメージ出来るようにしておく
  • プロジェクトマネジャーのコンピテンシー(能力要件)を鍛える
  • プロジェクトマネジャーとしての思考力とコミュニケーション力を高める
  • 転職エージェントは複数のエージェントを活用していく

また、今回ご紹介したエージェントや関連記事もこちらにまとめておきますね。

転職エージェント

  • ビズリーチ:ハイクラス・高額求人への転職ならこちら。
  • キャリアカーバー:幅広い高額求人案件ならこちら。
  • DODA:自分のスキルやキャリアステージに合う求人選びはこちら。

関連記事

それでは、今回はこの辺で。

関連記事