マネジメント

【手帳・ノート活用術】目標達成と仕事の管理に役立つおすすめの習慣

手帳術・ノート術を身に付けたい人「手帳やノートってみんなどんなふうに使っているんだろう?仕事のタスクや目標を達成するためにうまく活用したいんだけど、どんな風にすると良いのかな?」

自分の仕事や人生の目標を達成するために、手帳やノートを活用している人って多いですよね。

僕も手帳やノートはよく使っていまして、仕事や目標の管理をするにはとても役立っています。

手帳やノートを使いこなすには、以下のポイントが大事になります。

手帳やノートを使いこなすポイント

  • とにかくいつも持ち歩く
  • とにかくメモをする
  • 定期的に振り返るサイクルを作る

これらのことが大切ですね。

今回は、仕事や目標を達成するために活かせるノート術・手帳術についてご紹介していきます。

それでは早速見ていきましょう!

手帳とノートのおすすめの活用方法

まず、どんな手帳やノートが良いかをご紹介していきますね。

僕がこの10年ほどで1番良いと考える3点セットがありまして、そちらが以下になります。

手帳とノートのおすすめ3点セット

  • Rollbahn(ロールバーン)の小さなメモ帳
  • フランクリンプランナー
  • LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム 1917)

活用方法についてもご紹介しておきますね。

Rollbahnの小さいメモ帳

こちらは何でも、いつでもメモできるように常に持ち歩いているメモ帳です。

友達とのランチや飲みの席でも使えますね。

よくビジネスのアイディアや面白い企画について話すときには、いつもこのメモ帳を取り出して絵を描いたり図解したりして話しながら整理しています。

Rollbahnの小さいメモ帳のおすすめ活用方法

  • いつでも持ち歩く
  • 何でもメモする
  • 雑談などの会話の補助ツールに役立つ

何でもメモするというので、以前こんなインスタの写真あげてましたね。

 

View this post on Instagram

 

Rollbahnも使って電車の広告について分析してました。 #rollbahn #note #電車 #広告 #分析 #メモ #ノート術

Qolony Works Laboratoryさん(@qolony_works_laboratory)がシェアした投稿 –

こういうのが積み重なると、良いアイディアも浮かびやすくなりますよ。

意外とこれが一番消費が激しいかも。

ズボンのポケットにいつも入れてると、愛着もわいてきます。

フランクリンプランナー

こちらはこのブログでも何度もご紹介している、おすすめの手帳ですね。

僕の使い方を紹介している。。という記事がありますので、よろしければ見てみて下さい。

最近はほぼ日手帳の方が人気ですけど(やっぱ可愛いですからね。3年くらい使った。)

目標や仕事のタスクなどの管理をするには、やっぱりフランクリンプランナーの方が良いなと思って使ってます。

この辺りは、好みですよ、きっと。

使い方のポイントは以下です。

フランクリンプランナーのおすすめの活用方法

  • ミッションステートメントを日々確認
  • 価値観を見いだして変化もとらえる
  • 日々の目標や振り返りのサイクルを回す

短い日記も手帳に書いてたりするので、振り返りの時間を意図的にスケジュールに入れておくのはコツですよ。

フランクリン・プランナー公式サイトはこちら ≫

個人的には、以下のフランクリン・プランナー・オーガナイザーが使いやすいと思って、この2年くらい使っていますね。

その前までは、ほぼ日手帳のファンでしたけど。

よく出来ている手帳なので、使い勝手の良い方を試してみてください。

LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム 1917)

ノートは良いノートを使っています。

理由としては、書くことに意識を向けるためですね。

書くと自然と頭が働くので、この思考したことをなるべく漏らさないように、集中できますからね。

ロイヒトトゥルムよりは、モレスキンの方が有名で、お店に行ってもよく置いてますけど(こちらも人気)。

使いかたのポイントは以下です。

ロイヒトトゥルムの使い方のおすすめ活用方法

  • 落ち着いて思考を整理したいときにじっくり書く
  • 図解などを活用して新しい発見につなげる
  • Webサイトの構成や企画書の構成などもノートで考える

 

View this post on Instagram

 

#notebook #moleskine #reflection

Qolony Works Laboratoryさん(@qolony_works_laboratory)がシェアした投稿 –

主には思考の整理や発散ですね。

僕のノートの使い方に関しては、図解思考で頭が良くなるノート術とおすすめ本【継続することが大事】をご覧ください。

ロイヒトトゥルムはモレスキンよりも横幅があって、ページ数も多いので、好んで使っています。

あと、紙質もいいですし、ページNo.がプリントされてるのがおすすめポイントですね。

モレスキンも人気ですから、特にこだわりがなければこちらもオシャレノートですよ。

ノート術・手帳術の最大のポイントは「書く」習慣

ノートや手帳を買っても、何もなりません。

とにかくはじめは書くことに集中しましょう。

1日1ページを必ず書くとか。

1ページをなるべく余白なく埋めるとか。

時間を見つけて書くことに集中することをまずはやってみて下さい!

なにを書いても大丈夫です!

なぜなら、

 

どーせ誰も見ないから!

 

 

ま、インスタとかにあげてたりすると別かもですがw

書く量が増えれば増えるほど、どんどん自分オリジナルの書き方が見えてきます。
(それも少しずつ変わっていきますしね)

ぜひ、チャレンジしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「手帳やノートを活用して目標達成と仕事の管理に役立つおすすめの習慣」と題しましてご紹介してまいりました。

ぜひ、参考にしてもらえたら嬉しいです。

それでは、今回はこの辺で。

関連記事