思考・戦略

大人の学び直しの方法と学ぶべき分野とは【ITやプログラミング】

学び直したいと思う大人の人「大人の学び直しって言われ始めているけどどんなジャンルを学べば良いんだろう?それに働きながら学ぶのも時間が作れないし、何かいい方法はあるのかな?」

大人の学び直し。

これってこの数年で耳にする機会って増えましたね。

確かに見ていると、「この人あまり勉強してないなぁ〜」って思う人もいますし、その逆で「この人何でこんなことまで知ってるんだろう?」って驚くほど勉強家の人もいます。

だいたい勉強してる人って、会社経営してたりするんですけどね。

しかも、割とIT系だったりもします。

この記事を読むと、以下のことが分かるようになります。

  • 大人の学び直しが必要なワケ
  • 大人が学び直しをする分野
  • 学び方の学び直しをする方法

僕も、自称「能力開発マニア」として、日々色々なことを学んだりトレーニングをしたりしています。

僕の能力開発マニア的なところは、以下の記事でもわかると思いますんで、良ければ見てくださいね。

今回は、そんな僕が考える学び直しの方法についてまとめていきます。

それでは早速みていきましょう!

大人の学び直しはなぜ必要か?

なぜ、この数年で大人の学び直しが言われるようになっているかですね。

1番の影響をもたらしたのは、リンダ・グラットン先生の書いた「ライフシフト」という本だと思いますね。

ここで言われているのは、以下のようなこと。

  • 寿命が伸びる(人生100年になる)
  • 働く期間が長くなる(現役時代が伸びる)
  • 個人で働く時代になる

こんなところでしょうか(雑!)。

なので、今までの人生の長いスパンでの時間の使い方が変わるんですよね。

このような形で、ずっと定期的に新しいことを学んで、働く分野や学ぶ分野をシフトするような時代になると、リンダ先生が言っているんですよね。

大人の学び直しをするおすすめの分野

じゃ、一体どんな分野から学んでいけば良いか?

この点も疑問だと思います。

僕が考えているのは以下のような分野ですね。

  • IT、プログラミング
  • 数学
  • 趣味

IT、プログラミングの学び直し

まずやっておいた方がいいのが、IT、プログラミングの学び直しですね。

そもそも学んでない!

って人も多いですよね。

僕も20代後半からこのあたりは学び続けていますから、学生時代に学んできていない人も多いと思います。

なぜこの分野を今の大人の人たちが学び直すと良いかというと、以下のような理由です。

  • 情報産業があらゆる産業と融合する
  • ITリテラシーがなければビジネス展開できない
  • 学校教育にもITやプログラミングが取り入れられる

このような理由ですね。

やっぱりビジネスや生活の側面において、ITリテラシーやプログラミング能力を高める教育は盛んになってきています。

もしITリテラシーを高めたいとか、プログラミングを学び直したいという方は、TechAcademy (テックアカデミー)というオンラインスクールでさまざまなコースを受けられるので、おすすめですよ。

TechAcademy (テックアカデミー)の申し込みはこちら ≫

MBAなどで経営を学ぶのと同じくらい重要度の高い分野ですが、学習コストはそこまでかかりませんので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

数学の学び直し:ITにも関わる

数学は僕もホントに苦手な分野なので、まだそれほどは手をつけていません。

ただ、人工知能についての勉強やデータサイエンティストの勉強をしているので、数学はどうしても必要な科目なんですよね。

僕のように、人工知能や機会学習といった分野以外にも、数学を学び直したほうが良い理由はあります。

僕は、数値的観点で思考をする人がまだまだ少ないと思っているので、この点については学び直した方が能力開発につながりますよ。

仮説検証能力が高まります。

趣味の学び直し

趣味は、趣味ですね。

好きなことすれば良い!

と、どこまで好きって訳にもいかないですが、少なくても

自分で目標を持って、以下にしてその目標に到達できるか

を、自分自身で試行錯誤する習慣を身につけ直すと良いです。

1つの分野やジャンルで、

他の人にも負けないぞ!

という分野を持っておくと、さまざまなジャンルを学び直しする際に、経験が転用できるようになりますから。

大人の学び直しは「学び方」の学び直し

最後に、大人の学び直しに関して1番大切なポイントをお伝えしておきますね。

それは、

学び方を変える

ということです。

学生の頃は、以下のようにして勉強しませんでした?

  • 先生の黒板をノートに写して、
  • 教科書に線を引いて、
  • 単語帳を作ったり
  • まとめノートを作ったり

こんな感じ。

もう想像がついているかもしれませんが、これらの学び方の自己イメージを変えていくことも学び直しですよ。

例えば、

  • 何か新しい知識を学ぶのであれば、オンライン動画サービスで学んでみる。
  • 日々の情報収集を音声配信メディアでする
  • ノートにまとめるのではなく、学んだ要約をSNSで発信する

などですかね。

学び方も、ITを使うことを意識してみると良いです。

オンライン動画サービスは、Udemyというオンライン動画サービスサービスがあります。

さまざまなジャンルや学習テーマが動画として配信されています。

入門としてインプットを早くしたい方にはおススメです。

Udemyはこちらから ≫

音声メディアは、voicyというサービスやポッドキャストなどで日々のニュースをインプットすると良いでしょう。

voicyはこちらから ≫

そして、それらをやっている中で学習ポイントや、気づきなどをアウトプットとして発信していきましょう。

発信する方法はSNSでもブログでもなんでもいいと思いますよ。

ポイントは、

勉強をするのではなく、研究をする

です。

勉強とは誰かの教えをインプットする作業です。

一方で、研究とは、人に教えられるように教科書やコンテンツを作る作業です。

このようなことを行なっていくのが、これからの大人の学び直しになります。

僕も、ノウハウをブログでまとめていたりして、皆さんに読んでもらったりしていますよね。

このようなアウトプットを、学び直しの方法として取り入れていくと、インプットがこれまでの数倍は早くなります。

このテクニックを身につけたら、いろんなことが学び直ししやすくなりますから、ぜひやってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は少し変わったテーマでしたが、大人の学び直しをする際の参考になると思いますので、ぜひやれそうなところから始めてみて下さい。

ここまでをまとめると以下のようになります。

  • 大人の学び直しは人生100年時代には必須
  • 大人の学び直しはITと数学と趣味がおすすめ
  • 学び直しは学び方の見直しから

それでは、今回はこの辺で。

関連記事