働き方

フリーランスWebデザイナーの成長戦略【専門分野を広げるべき】

フリーランスのWebデザイナーとして働きたい人「フリーランスのWebデザイナーとしてやっていきたいんだけど、長くやっていけるのかな?フリーランスWebデザイナーとして稼いでいくためにはどんなことをすれば良いんだろう?何か良い方法ってあるのかな?」

フリーランスでWebデザイナーとして活躍していきたいと考える人もいますよね。

この記事では、以下のことがわかるようになります。

  • フリーランスのWebデザイナーだけでやっていくのは厳しい
  • 別のスキルを身につけWebデザインの領域を広げる

僕自身も、何人かフリーランスのWebデザイナーをしている人を知っていますけど、正直、マルチなスキルを持っているので、もはやWebデザインの領域だけで仕事をしている人って少ないですね。

ここでは、フリーランスのWebデザイナーさんの戦略についてご紹介してまいります。

それでは、さっそくみていきましょう!

フリーランスWebデザイナーの成長戦略

フリーランスWebデザイナーが長く活躍していくには、Webデザインの領域だけだと徐々に仕事が難しくなってきますね。

理由としては、以下です。

フリーランスWebデザイナーだけだと厳しい理由

  • Webデザインの仕事は納品して終了することが多い
  • 継続的なデザイン案件に結びつきにくい
  • Webデザイン案件の単価が下がりつつある

このような状況を避けるためにも、Webデザイナーの仕事の分野・領域もどんどん広げていくほうが良いと考えています。

具体的には、以下の領域ですね。

  • プログラミング領域のスキルを身につける
  • Webマーケティング領域のスキルを身につける
  • Webディレクションのスキルを身につける

以下で、詳しくみていきましょう。

プログラミング領域のスキルを身につける

時々いらっしゃいますけど、Webデザイナーからエンジニアとして転向して仕事を受けている人もいますね。

例えば、以下のような人とお会いしたこともあります。

  • グラフィックデザイナーからiOSエンジニア
  • WebデザイナーからWebエンジニア
  • WebデザイナーからAIなどのPythonエンジニア

彼らの話を聞くと、Webデザイナーの仕事とセットでプログラミングの案件を請け負う機会があり、自ら学んでスキルアップした傾向がありました。

実案件を通じて、自分の専門外の分野のスキルを身につける人も、時々いらっしゃいますね。

プログラミングに関しては、スクールで学んでおくのが一番費用対効果は高いですね。

プログラミングオンラインスクールの例

【社会人必見】プログラミングが学べる入門者向けおすすめスクール』という記事でも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【社会人必見】プログラミングが学べる入門者向けおすすめスクールこの記事では、社会人の人向けに、これからプログラミングを学びたい人におすすめしたいオンラインのスクールをご紹介しています。プログラミングの知識やスキルはこれからの社会変化の中でもまだまだニーズの高いスキルですのでぜひ参考にしてみてください。...

Webマーケティング領域のスキルを身につける

Webマーケティングの分野も、Webデザイナーとしては身につけておくと良い分野ですね。

マーケティングとデザインの両方が理解できているWebデザイナーは、クライアントからも重宝されます。

理由としては、以下ですね。

  • 定量と定性の2つの視点で考えてくれる
  • 数字を追いかける担当者と共通認識で会話ができる
  • KPI達成のための施策の提案が期待できると認識される

Webマーケティングは、比較的、短期間でもインプットがしやすい分野ですね。

WebディレクターがWebマーケティングのスキルを学ぶと良い理由』でも、学習方法を解説しています。

Webデザイナーの方にも参考になるかと思いますので、併せて読んでみてください。

あわせて読みたい
WebディレクターがWebマーケティングのスキルを学ぶと良い理由この記事では、Webディレクターのスキルアップの方向性としてWebマーケティングのスキルの習得をおすすめしています。Webマーケティングの習得のしやすさ、分析力の活かし方、人材価値の可能性についてまとめていますので、参考にしてみてください。...

Webディレクションのスキルを身につける

Webデザイナーが自分の分野を広める方向としては、よくあるのがWebディレクションですね。

Webディレクションのノウハウを身につけると、以下の部分で役に経ちます。

  • クライアントの目的・狙いを直接ヒアリングできるポジションになる
  • 自分が直接手を動かさずに、チームを動かして制作ができる
  • チームやネットワークが作れれば、プロジェクトを回すスキルが身につく

Webディレクターとしてキャリアアップすることを念頭に入れるというのも、発想としては間違っていないですね。

この点は、『WebデザイナーからWebディレクターにキャリアアップする方法』という記事でも解説をしてます。

あわせて読みたい
WebデザイナーからWebディレクターにキャリアアップする方法この記事では、WebデザイナーからWebディレクターにキャリアアップする方法についてご紹介しています。Webディレクターとしての業務は、Webデザイナー時代に見えていなかったことも経験するので、参考にしてもらえるように紹介しています。...

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は『フリーランスWebデザイナーの成長戦略【専門分野を広げるべき】』と題してご紹介してまいりました。

ちなみに、フリーランスの仕事を探す際は、エージェントに登録をしてみて、マーケットを調査してみるのも良いですね。

どの分野の仕事が需要が高いのか、一度自分で確認をしてみるというのも、今後の専門分野を伸ばす方向性を考えるのにいいと思います。

エージェントに関しては、『【フリーランスにおすすめ】案件探しで困らない専門エージェント3選』で紹介しています。

併せて読んでみてください。

それでは、今回はこの辺で。

あわせて読みたい
【フリーランスにおすすめ】案件探しで困らない専門エージェント3選この記事では、フリーランスで働く人向けに案件探しで困らない専門エージェントのご紹介をしています。高単価な案件を多く持っているエージェントや働き方、安定的に働けるエージェントなどのご紹介をしています。ぜひ参考にしてみてください。...
関連記事