思考・戦略

Webディレクターが戦略的に成長する目標設定の3つの方向性

Webディレクターとして成長したい人「Webディレクターとして成長するには、どんなことを目標としていけば良いんだろう?他のWebディレクターの人ってスキルアップの目標設定ってどうしているのかな?」

Webディレクターとしてスキルアップをする際、どんな目標設定をすると良いか悩みますよね。

Webディレクターのスキルアップの方向性には、主には以下の3つがあります。

Webディレクターのスキルアップの方向性

  • Webプログラミングについて実装レベルで詳しくなる
  • UI/UXについてスペシャリストになる
  • Webマーケティングでコンサルティング領域に踏み込む

このようなスキルアップの目標設定を、皆さんしていますね。

業務経験としての目標設定は、『Webディレクターの目標設定と例【短期・長期・コツを紹介します】』という記事でかなり詳しく解説しています。

ぜひこちらもチェックしてみて下さい。

今回は、『Webディレクターが戦略的に成長する目標設定の3つの方向性』と題して、スキルアップの方向性についてご紹介してまいります。

それでは、早速みていきましょう!

“開発までわかるWebディレクター”は市場ニーズにマッチした目標設定

昨今、Webシステムやアプリケーション開発のニーズは非常に多いです。

理由としては以下ですね。

開発に関するニーズが高い理由

  • ITやWeb系のサービスを展開する企業が増えてきている
  • 開発をするエンジニアの数が案件に対して足りなくなっている
  • 開発を取りまとめるプロジェクトマネジャーやディレクターはもっと少ない

ポイントとしては3つ目でして、開発分野に詳しい人材というは非常に市場からも求められています。

つまり、非常に希少性が高い人材なんですよね。

ですので、Webディレクターとして開発やプログラミングに詳しいというのは、とても強みになります。

このことを理解して、スキルアップとして未経験から開発やプログラミングのスクールで学んでいるWebディレクターさんも多いです。

【社会人必見】プログラミングが学べる入門者向けおすすめスクール』という記事で、よく活用されているスクールを紹介しています。

開発スキルを身につけるという目標に向けて、参考になればと思います。

エンジニアとして実務レベルでなくとも、全体の取りまとめの為にはプログラミングに関して把握する知識は非常に役立ちますよ。

UI/UXは目標設定の王道:サービスを成長させるWebディレクター

「UI/UXに詳しくなる」という目標設定をされるWebディレクターさんもいらっしゃいますね。

領域も広いので、学習目標としては以下のようになります。

UI/UXのスペシャリストになる目標設定の例

  • ビジネスに詳しくなる
  • サービスデザインに詳しくなる
  • デザインや設計に詳しくなる

UI/UXは、ビジネス領域から実際のデザイン、サイトやプロダクトの使いってまで、領域が広くまた、奥も深いです。

この辺りは、Webディレクターとしては業務に関わるので、興味を持つ人も多いですね。

個人で積極的に学んでいる人もいらっしゃいますね。

UI/UXに関して学びたい人は、以下の記事でもおすすめのコンテンツをご紹介していますので、よければ参考にしてみて下さい。

Webマーケティングの学習は「Webマスター」になる目標設定

Webディレクターとして、Webマーケティング領域について理解しておくこともスキルアップの重要なファクターです。

逆に、Webマーケティング領域からWebディレクターにやシステムディレクターになる人もいるくらいです。

Webマーケティングとは、いわゆる集客のための手法です。

この「集客」から、「プロダクトとしてのWebサイト」まで詳しくなるのは、コンサルティングをする上でもとても武器にもなりますね。

整理すると以下のようになります。

WebディレクターとWebマーケターの武器

  • Webマーケター=人を集める/商品を届ける仕事(集客)
  • Webディレクター=より良いモノを作る仕事(モノ)

このように、作ったものを届けるという一連のプロセスに強いWebディレクターになるのも、目標設定の戦略としては正しいですね。

いわゆる、「Webマスター」とも言ったりしますね。

Webマーケティングの領域については、『デジタルマーケティングを学ぶおすすめコンテンツと姿勢【本質です】』という記事でもご紹介しています。

こちらも、スキルアップについての参考になれば幸いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、『Webディレクターが戦略的に成長する目標設定の3つの方向性』と題して、ご紹介してまいりました。

ぜひ、参考にしてもらえたらと思います。

それでは、今回はこの辺で。

関連記事