本の紹介

行動経済学を学ぶのにおすすめの本5選【マーケティングや心理戦術に役立つ】

どもども、ジョーです。

行動経済学について勉強したいなって想う人っていますよね。

今回は、「行動経済学を学ぶおすすめの本5選【マーケティングや心理戦術に役立つ】」と題して、おすすめの本をご紹介してまいります。

行動経済学について本などで勉強すると、以下のことがわかるようになります。

行動経済学を学ぶとわかるようになること

  • 直感と論理で考えていることの違い
  • 日常に潜んでいる人間心理をついた仕掛け
  • マーケティングや交渉、コミュニケーションを通じて人を動かす術

興味が持てそうな書籍の発見につながればいいなと思います。

それでは、早速みていきましょう!

行動経済学を学ぶのにおすすめの本5選

それでは、早速ここからおすすめの「行動経済学」の本をご紹介してまいります。

予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

行動経済学の第一人者でもある、デューク大学教授のダン・アリエリー先生の書いた大ベストセラーとなった本ですね。

日常の僕らの選択がどのように行動経済学として仕掛けられているのか、とてもわかりやすい事例を用いて解説されていますね。

2つある選択肢にもう一つ選択肢が加わると、どのように選択率が変化するなど、細かい実験と事例が豊富に解説されていますね。

提案や企画の時などにも、どうその自分の提案を通すかなど、使える場面をイメージしながら読んでみてください!

ファスト&スロー(上・下)

認知心理学者であり、プリンストン大学の名誉教授でもあるダニエル・カーネマン先生が書かれた、こちらもベストセラー本ですね。

ちなみに、ダニエル・カーネマン先生はノーベル経済学賞を受賞されていますね。

人間がどのように判断しているのか(ファストとスローについて)、判断ミスなどを行動経済学、認知心理学を用いて詳しく解説してくれています。

起業家の思考や、投資家の思考などについても言及されている、ビジネスマン必読の一冊でしょうね。

(これはなんども読み返すだろうな・・・)

不合理だからうまくいく: 行動経済学で「人を動かす」

「予想どうりに不合理」の著者のダン・アリエリー先生のもう一つの有名な本ですね。

こちらの本は、タイトルにあるようにもっと「人を動かす」心理的側面を主テーマにおいた本ですね。

コミュニケーションについてもっと学びたいという人については、こちらの本もおすすめかも知れませんね。

ちなみに、心理学についてもう少し学んでみたいという人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
仕事で使える心理学がわかるおすすめ本5選【事前準備で攻略しよう】心理学のおすすめの本を知りたいですか?この記事では、主にビジネスですぐに活かせそうな心理学、心理テクニックについて参考になるおすすめの本をご紹介しています。コミュニケーションや相手を説得するなどに困っている人は、ぜひご覧ください。...

行動経済学まんが ヘンテコノミクス

行動経済学について、ざっと概要をまず掴んでしまいたい人はこの本がうってつけでおすすめですね。

23話くらいにおよぶ行動経済学の例を漫画形式で解説くれています。

著者は佐藤雅彦先生で、東京藝術大学大学院の映像研究科の教授されていますね。

あの人気番組「ピタゴラスイッチ」などを手がけられている、面白い先生ですね。

実践 行動経済学

こちらも、2017年にノーベル経済学賞受賞したリチャード・セイラー先生のベストセラー本ですね。

内容としては、ダイエットの失敗から禁煙、あとは金銭面の問題にまで及んでいます。

事例で、空港などにあるトイレの際に的を当てる時の心理など、なかなかユーモアにも溢れた実験を通じて、人間の心理についても解説されていますね。

この辺りは、仕掛け学やゲーミフィケーションなどにも通づるところがありますね。

こういった仕組みを作る人には必見の本だと思いますよ。

(経営者やサービスを立ち上げるような事業家の方などはおすすめです!)

ちなみに、人の行動をデザインするおすすめの本は、以下の記事でもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
人の行動をデザインする「仕掛ける方法」が学べるおすすめ本10選 人を思った方向へ意図して動かすことって、大変難しいことですね。 ですが、マーケティングやサービスのプロダクトなどに関わって...

まとめ:行動経済学はマーケティングや心理戦術に役立つ学問です

いかがでしたでしょうか?

今回は、「行動経済学を学ぶおすすめの本5選【マーケティングや心理戦術に役立つ】」と題してご紹介してまいりました。

いや、本当に世の中には色々な仕掛けがなされているわけで、それに僕らは日々、納得して(いるつもりになって)決断しているんですよね。

巧妙な罠を見抜けるか、そして、仕掛けられるか。

ちょっと表現が悪いですが、知っているのと知らないのとでは、全く結果が異なってきますので、ぜひ勉強してみてください。

それでは、今回はこの辺で。

関連記事